ここから本文です

高岡の伝統産業がテーマ 映画「デンサン」お披露目/富山

5/6(土) 11:50配信

チューリップテレビ

 高岡市の伝統産業をテーマにした映画、『デンサン』の試写会が5日から始まりました。

 高岡市で開かれた試写会では、上映を前に高岡市出身の金森正晃(かなもり・まさあき)監督と、女優のみひろさんなど出演者らが舞台挨拶しました。
 金森監督は『この映画を通してものづくりのまちというのは、もっと楽しくて夢があるということを伝えたい』と話しました。
 映画「デンサン」は、高岡市の経済界の有志が企画したもので、鋳物のまち高岡を舞台に鋳物師(いもじ)の男性と東京出身の女性デザイナーが出会い、新しいものづくりに挑戦する姿を描いています。
 主人公の鋳物師(いもじ)役をお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(にしの・あきひろ)さんが、女性デザイナー役を女優の山本真由美(やまもと・まゆみ)さんが演じました。
 試写会は、ウィングウィング高岡で6日、7日と今月20日、21日にも行われます。

チューリップテレビ

Yahoo!ニュース特設ページ