ここから本文です

エヴァートン、長年チーム支えてきた“苦労人”コールマンと新たな長期契約を締結

theWORLD(ザ・ワールド) 5/6(土) 9:00配信

契約を2022年まで5年間延長

エヴァートンは5日、アイルランド代表DFシェイマス・コールマンとの契約を5年間延長したことを発表した。契約期間は2022年までとなっている。

現在28歳のコールマンは、2009年1月に6万ポンド(約876万円)の移籍金でエヴァートンへ加入。ケガなどに苦しんだ時期もあったが、約8年間で公式戦247試合に出場し24ゴールを挙げており、チームの主力として長年活躍してきた。そして、今季も公式戦28試合で4ゴール4アシストを記録していた。だが、3月に行われた代表戦で骨折し、長期離脱を余儀なくされている。

そんなコールマンはクラブの公式サイトを通じて「サインすることができて嬉しい。僕はここに長い間いるし、多くの意味を持つ特別なクラブになっているよ。本当は代表ウィーク明けにサインする予定だったけど、不運にも僕がケガを負ってしまった。でも会長は『心配しないでほしい。君が戻ってくるまで、この契約は待ってくれているから』と言ってくれたよ。復帰したとき、僕の存在価値を示すことで、チームに報いたい。この長期契約が正しかったことを証明して見せるよ」と喜びや今後の意気込みを語っている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/6(土) 9:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報