ここから本文です

海王丸パーク 海の貴婦人が優雅な姿を披露/富山

5/6(土) 11:52配信

チューリップテレビ

 5日の「子供の日」。県内の行楽地は大勢の家族連れで賑わいました。

 射水市の海王丸パークでは帆船(はんせん)・海王丸(かいおうまる)の帆を全て張る「総帆天帆(そうはんてんぱん)」が行われ、海の貴婦人が優雅な姿を披露しました。

 「今日は子供の日ということで、海王丸パークは多くの家族連れでにぎわっています。そんな中、あちらでは、海王丸の帆を全て張る総帆天帆の作業が行われています。」(梶谷記者)

射水市の海王丸パークでは、親子連れや写真愛好家が見守る中、海王丸の帆をすべて広げる総帆天帆が行われました。

 帆を広げる作業には、およそ60人のボランティアが参加し、海面から高さ46メートルのマストに登る人と、甲板上で網を引く人に分かれ、船長の指示に従い、手際よく帆を広げていきました。

 総帆天帆は、1990年から毎年10回ほどずつ行われていて、これが233回目となります。

 作業は1時間あまりで完了し、海王丸は「海の貴婦人」にふさわし優美な姿を見せ、訪れた人は見入っていました。

チューリップテレビ