ここから本文です

ダブルスは全豪4強の穂積絵莉/加藤未唯が大会連覇 [岐阜/女子テニス]

5/6(土) 20:58配信

THE TENNIS DAILY

「カンガルーカップ国際女子オープン」(岐阜県・長良川テニスプラザ/本戦5月2~7日/賞金総額8万ドル/ハードコート)の本戦5日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われた。

「絶対チャンスある」と臨んだ穂積/加藤が日本人ペアで初の4強 [全豪オープン]

 シングルスは、第3シードのジュ・リン(中国)が第1シードの奈良くるみ(安藤証券)を6-2 6-1で、元世界ランク31位のマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)はルクシカ・クンクン(タイ)を6-2 6-2で破り、決勝は海外勢同士の対戦となった。

 ダブルス決勝は、前年優勝ペアで第1シードの穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)がノーシードから勝ち上がってきたケイティ・ダン(イギリス)/ユリア・グルシュコ(イスラエル)を6-4 6-2で下して大会連覇を達成した。

 今大会の穂積/加藤は、1回戦でローラ・ロブソン(イギリス)/アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)を6-0 6-3で、準々決勝で藤原里華(北日本物産)/ルー・ジンジン(中国)を6-1 6-4で、準決勝では予選勝者のクンクン/ピアンタン・プリプーチ(タイ)を4-6 6-1 [10-8]で破って決勝進出を決めていた。

 加藤と穂積は、ともに単複を通して今シーズン初優勝。両者のコンビは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で、日本人ペアとして史上初の4強入りを果たしていた。

 大会最終日の5月7日(日)は12時00分から、シングルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、SRはスペシャル・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

     ◇   ◇   ◇

【シングルス準決勝】

○9ジュ・リン(中国)[3] 6-2 6-1 ●1奈良くるみ(安藤証券)[1]

○29マグダレナ・リバリコバ(スロバキア)[SR] 6-2 6-2 ●18ルクシカ・クンクン(タイ)

--------------------

【ダブルス決勝】

○1穂積絵莉/加藤未唯(橋本総業ホールディングス/佐川印刷)[1] 6-4 6-2 ●13ケイティ・ダン/ユリア・グルシュコ(イギリス/イスラエル)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/6(土) 20:58
THE TENNIS DAILY