ここから本文です

複は花田海翔/武藤守生と木河優/友枝夢が優勝 [九州小学生テニス]

THE TENNIS DAILY 5/6(土) 22:00配信

「第35回 全国小学生テニス選手権大会 九州地域予選大会」(5月4~7日/大分県・大分スポーツ公園だいぎんテニスコート)の大会3日目は、男女シングルス準決勝と男女ダブルス準決勝・決勝などが行われた。

“全小”を制したのは、世界を目指す中村健太と久保杏夏 [第34回全国小学生大会]

 トップ2シードの対戦となった男子ダブルス決勝は第2シードの花田海翔/武藤守生(福岡:曽根東小6年/三国小6年)が第1シードの井元悠人/前田優(大分:西の台小6年/大分大学附属小6年)を8-4で、女子ダブルス決勝は木河優/友枝夢(福岡:春日北小6年/金山小6年)が第1シードの安高日渚莉/坂本来瞳(熊本:龍田小6年/合志小6年)を8-6で破り、それぞれ優勝を飾った。

 九州地区では試合経験を積ませる目的で、全国大会では行われていないダブルスの試合も行われている。

 全国小学生テニス選手権大会 九州地域予選大会は男女シングルス32ドロー、男女ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス準決勝】

○1前田優(大分/大分大学附属小6年)[1] 6-1 6-2 ●9花田海翔(福岡/曽根東小6年)[3-4]

○24大岐優斗(宮崎/加納小6年)[3-4] 6-2 6-4 ●32武藤守生(福岡/三国小6年)[2]

--------------------

【女子シングルス準決勝】

○1木河優(福岡/春日北小6年)[1] 6-3 6-2 ●9友枝夢(福岡/金山小6年)[3-4]

○32安高日渚莉(熊本/龍田小6年)[2] 6-4 5-7 6-2 ●19住吉凜(大分/松岡小6年)

--------------------

【男子ダブルス決勝】

○16花田海翔/武藤守生(福岡:曽根東小6年/三国小6年)[2] 8-4 ●1井元悠人/前田優(大分:西の台小6年/大分大学附属小6年)[1]

------------

【男子ダブルス 3・4位決定戦】

○12糸永龍矢/二宮煌太(大分:石垣小6年/杵築小6年)8-5 ●8渡邉陽太/松永朔太郎(福岡:企救丘小6年/須恵第三小5年)

------------

【男子ダブルス準決勝】

○1井元悠人/前田優(大分:西の台小6年/大分大学附属小6年)[1] 8-3 ●8渡邉陽太/松永朔太郎(福岡:企救丘小6年/須恵第三小5年)

○16花田海翔/武藤守生(福岡:曽根東小6年/三国小6年)[2] 8-1 ●12糸永龍矢/二宮煌太(大分:石垣小6年/杵築小6年)

--------------------

【女子ダブルス決勝】

○16木河優/友枝夢(福岡:春日北小6年/金山小6年)8-6 ●1安高日渚莉/坂本来瞳(熊本:龍田小6年/合志小6年)[1]

------------

【女子ダブルス 3・4位決定戦】

○5住吉凜/渡邉華凜(大分:松岡小6年/護江小6年)8-0 ●12長友優音/前原唯乃(宮崎:大宮小6年/本郷小5年)

------------

【女子ダブルス準決勝】

○1安高日渚莉/坂本来瞳(熊本:龍田小6年/合志小6年)[1] 8-4 ●5住吉凜/渡邉華凜(大分:松岡小6年/護江小6年)

○16木河優/友枝夢(福岡:春日北小6年/金山小6年)8-0 ●12長友優音/前原唯乃(宮崎:大宮小6年/本郷小5年)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/6(土) 22:00

THE TENNIS DAILY