ここから本文です

さい帯血で無届け医療行為か 病院長「法令違反の自覚はなかった」

AbemaTIMES 5/6(土) 17:23配信

 警察は愛媛・松山市の医療法人について、へその緒から取れるさい帯血を使った医療行為を、必要な届け出をせずに行った可能性があるとして再生医療法違反の疑いで捜査を進めている。この医療法人は2015年に厚生労働省への届け出をせずに、さい帯血を使った医療行為をする再生医療法違反の疑いが持たれている。

 病院長は、自身のブログで警察から任意の取り調べを受けていると明かし「法令違反の自覚はなかった」。さい帯血は出産時のへその緒から採取される血液で、赤血球や白血球のもとになる幹細胞が多く含まれることから白血病などの治療に使われる。愛媛県警は京都府警や茨城県警などと合同で慎重に捜査を進めている。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:5/6(土) 19:41

AbemaTIMES