ここから本文です

【MLB】前田健太、6連続含む8Kも6回途中2失点で勝敗つかず 降板後にド軍が逆転勝利

Full-Count 5/6(土) 15:23配信

6回先頭打者に四球で87球で降板、ローテ生き残りへ“完全復調”アピールできず

 ドジャースの前田健太投手は5日(日本時間6日)、敵地でのパドレス戦に先発し、5回0/3を3安打2失点(自責1)で勝敗はつかなかった。6連続を含む8三振を奪ったが、要所で踏ん張れずに逆転を許し、6回の先頭打者にこの試合3つ目の四球を与えたところで降板。先発ローテ生き残りへ、“完全復調”とはならなかった。ドジャースは8-2で勝利した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 初回を無失点に抑えた前田。2回はシンフ、サンチェスをフルカウントからスライダーで見逃し三振、レンフローは直球で見逃し三振と、3者連続見逃し三振。3回はアイバーをチェンジアップ、チャシーンをスライダー、マーゴットをチェンジアップと、キレのある変化球で再び3連続空振り三振。6者連続三振とした。

 すると4回、ドジャースはベリンジャーのソロ本塁打で先制に成功した。しかし、前田はその裏、先頭スパンゲンバーグに二塁打を浴び、ソラルテへの四球などで1死一、二塁に。シンフにはタイムリーを浴び、同点に追いつかれた。

 さらに、5回には1死からアイバーにライト前ヒットを許すと、続くチャシーンの犠打を一塁手のベリンジャーが二塁に悪送球。1死一、三塁とピンチが広がり、続くマーゴットにはあっさりとセンターへの犠飛を許した。スパンゲンバーグは右飛に打ち取ったが、味方のミスが絡み、1-2とリードを許した。

 6回、前田は83球で続投したものの、先頭マイヤーズにストレートの四球。ここでロバーツ監督がベンチから出てきて、前田に降板を告げた。その後、救援陣が何とか後続を断って、この回は無失点に抑えたものの、前田は1点のリードを許したままマウンドを降り、3勝目はならなかった

 しかし、打線は7回にトールズが2点タイムリーを放ち、逆転に成功。前田の黒星は消えた。その後、救援陣が踏ん張ると、8回に1点を追加すると、9回にはベリンジャーの1試合2発目となる3ランが飛び出し、最後は8-2で快勝。前田は87球を投げてストライクは50球。防御率は5.81だった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/6(土) 15:27

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 19:00