ここから本文です

【高校野球】「ないのは“自信”だけ」―大体大浪商が目指す春の頂点、その先に見据える夏

5/6(土) 20:33配信

Full-Count

春季大会でベスト4進出、牽引するエースの意地「やっぱり最後まで投げきりたい」

 時折雨が降りしきる中、最後まで意地を貫いた。3-1と2点リードで迎えた9回裏。無死満塁から味方のエラーで1点を返され、なおも満塁。次打者の5番・林栄二のショートへの打球をはじいたが、ホームへの送球で三塁走者の内村陸がタッチアウトとなりゲームセット。最後まで粘る関西創価を振り切ると、エースの宮本大勢はホッとした表情を浮かべ、整列の輪に加わった。

2005年~2016年の各球団ドラフト指名選手一覧

 春季近畿地区高等学校野球大会大阪府予選の準々決勝、大体大浪商は3-2で関西創価を下した。

「秋に悔しい負け方をしたので、今日は絶対に抑えてやろうと思って…。何とか勝てて嬉しかったです」(宮本大勢)。先発した背番号11の田村篤史に代わり、7回からマウンドに立った。「2点から3点以内の点差なら登板させる可能性があったので準備はしておけと言っていたんです。こういう展開でも勝ちきるのが本当に強いチーム。何とか勝てたことは良かったです」と四田勝康監督は好リリーフのエースを称えた。

 昨秋の大阪大会。4回戦で履正社と対戦し、先発のマウンドに立った。だが、1番の石田龍史、エースの竹田祐、主砲の若林将平、と3人に本塁打を浴びるなど8失点。無念の7回コールド敗退を喫した。

 その後、秋季大会が始まる頃から患っていた腰痛がひどくなり、冬場は走ることができず、体幹トレーニングに没頭した。限られた練習メニューでも積極的に取り組み、体重は昨秋から4キロアップ。ストレートにも力強さが増し「軽く投げてもボールに力が伝わるようになった」と成長を感じている。

指揮官がにじませる自信「このチームには全国で勝てる力があると思う」

 今春の練習試合ではチームの方針で控えだった田村篤史や2年生右腕の立石健がマウンドに立ち、経験を積んだ。田村は宮本と同じように切れのある速球を武器にし、スピードも130キロ後半をマークする本格派左腕。この日も先発のマウンドに立ち、6回3安打1失点でバトンをもらった。伸びのある速球で空振りを奪うなど、田村の周囲の評価は上がる一方だ。そんなライバルの成長を同じチームメイトとして喜びながらも、やはりエースとしての意地もある。

「2人の存在は頼もしいし、夏は1人のピッチャーでは勝ちきれない。でもエース番号を背負っているのは自分なので、やっぱり自分が最初から最後まで投げ切りたいという気持ちはあります」と力強く言い切った。

 3月から始まった練習試合では滋賀学園、高岡商と選抜出場校を撃破しただけでなく、27日の練習試合以降、チームは対外試合で黒星を喫していない。「これだけやって来られているのだから、このチームには全国で勝てる力があると思う。しいて挙げるとすれば、チームに今ないものは“自信”だけでしょうね」と四田監督は言う。

 履正社の竹田とは、年末に社会人チームの練習を見に行った時に偶然その場で出会った。その時に見た竹田のがっちりした体型が目についた。「自分もあんなに大きい体になりたいと思いました。正直、うらやましかったです」。昨秋に投げ負けたライバルに敬意を表しつつ、自分も追いつき、追い越したいとの思いで冬の練習に耐えてきた。

 今春の選抜では昨秋の練習試合で7回1失点に抑えた大阪桐蔭と、その履正社と同じ府内のライバルが決勝の舞台に立った。「すごくレベルの高い試合でした。あの2校を中心に、自分たちも注目してもらっているのはありがたいです。でも自分たちはその2校に勝って甲子園に行くのが目標です」ときっぱりと口にした。

「同じ大阪のライバル校が甲子園の決勝の舞台に立つなんて、大阪のチームとして誇りに思わないと」と四田監督。だが、春夏計4度の全国優勝を誇り、大阪で長らく伝統を築き上げてきたのは大体大浪商だ。古豪の意地とプライドを胸に、まずは春の大阪の頂点へ駆け上がり、夏を見据えている。

沢井史●文 text by Fumi Sawai

最終更新:5/6(土) 23:18
Full-Count

スポーツナビ 野球情報