ここから本文です

通学ルート・登校時間を把握か

ホウドウキョク 5/6(土) 16:40配信

千葉・松戸市のベトナム人の女の子を殺害した疑いで送検された保護者会の元会長が、女の子の通学ルートや登校時間を把握したうえで、車で連れ去った疑いがあることがわかった。
6日午前に送検された、保護者会元会長の渋谷恭正容疑者(46)は3月、松戸市の小学生の女の子を軽自動車で誘拐したあと、殺害するなどした疑いが持たれていて、「供述を拒否します」と話している。
警察のその後の調べで、通学路ではない路上で、登校途中の女の子と渋谷容疑者が親しげに話す様子を、住民が目撃していたことがわかった。
警察は、渋谷容疑者が、女の子の通学ルートや登校時間を把握したうえで車で連れ去り、犯行に及んだ疑いがあるとみて調べている。
一方、女の子の父親が、取材に対し、現在の心境を明らかにした。
女の子の父親は「(娘に)真実が見えるから、天国に安心して行ってください。(渋谷容疑者は)やったことがあったら、早く話してほしいですね」と話した。

最終更新:5/6(土) 16:40

ホウドウキョク