ここから本文です

米国防長官、ミサイル防衛体制見直し指示

ホウドウキョク 5/6(土) 20:21配信

ミサイル開発を進める北朝鮮を念頭に、アメリカのマティス国防長官が、ミサイル防衛体制の見直しを指示した。
国防総省によると、マティス長官は5日、弾道ミサイルからアメリカを防衛することは最優先事項だとして、防衛能力強化に向けた体制の見直しを始めるよう指示した。
年内に報告書を取りまとめて、トランプ大統領に提出するとしている。
これは、北朝鮮がアメリカ本土に届くICBM(大陸間弾道ミサイル)を開発していることを念頭に置いた措置とみられ、あらためて防衛体制の見直しと強化を図る狙いがある。

最終更新:5/6(土) 20:21

ホウドウキョク