ここから本文です

箱根・火山活発化2年 完全復旧、高まる期待

5/6(土) 18:30配信

カナロコ by 神奈川新聞

 箱根山(箱根町)の火山活動活発化の影響で支障を来していた大涌谷からの温泉供給は、2年を経て「完全復旧」が視界に入ってきた。ことし4月に全ての供給先に温泉を届けられるようになり、今後の課題は湯量や温度などの回復に移った。大型連休真っただ中の5日には大勢の人でにぎわい、箱根を訪れる観光客の数も戻りつつある。年内が目標とされる温泉利用施設の全面的な再開は一層の弾みになると、関係者の期待は大きい。

 「温泉の湯が出ますよ」。同町仙石原の民宿「伊藤山荘」に連絡が入ったのは4月3日。程なくして乳白色の湯が注がれ、浴槽を満たしていった。

 2015年6月29日に大涌谷でごく小規模な噴火が起きてから、温泉の供給は完全に止まっていた。以降は、水道水を湧かした湯にハーブやユズを浮かべたり、日帰り温泉を紹介したりして穴埋めするしかなかった。客足は遠のき、以前と比べて3割ほど減った。

 「自然が相手だから待つしかなかった。でも、2年というのは長い」。まだ湯量が限られているため、露天風呂には使えないが、オーナーの伊藤恭二さん(73)は安堵(あんど)の表情を浮かべる。

 大涌谷の蒸気を利用して温泉供給事業を営む「箱根温泉供給」は、箱根山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制、現在はレベル1)に引き上げられた15年5月6日以降、立ち入り規制や地表の局所的な隆起の影響で設備のメンテナンスができない日々が続いた。

 さらに小規模噴火に伴う土石流で配管などが損壊。同社からの温泉を日常的に利用している旅館や保養所約250軒のうち、約70軒に提供できない状況に追い込まれた。別荘なども含めれば、大きな影響を受けた供給先は最大で100軒ほどに上ったという。

 再開への道筋が見え始めたのは、メンテナンスの立ち入りが認められた昨年4月。火口に近く、硫黄が詰まるなどした蒸気井や配管の修復作業を始め、温泉を届けられなくなっていた供給先への提供を12月以降に順次再開、この4月で全施設への供給にこぎ着けた。

 同社の担当者は「大型連休前に再開できてよかった」と胸をなで下ろすが、供給量はかつての7~8割程度という。湯の温度が本来より10度ほど低い供給先もあり、「まだ完全復旧と言える段階ではない」とも話す。

 活発に蒸気が噴出している斜面で、損壊した蒸気井などを修復する作業を進めなければならず、「年末までには何とか復旧させたい。そうすれば100%に近い状態に戻るはず」と今後を見据える。

 「温泉は箱根の生命線。町の観光振興にとっても大きな一歩」。町観光協会の高橋始専務理事は全施設への供給再開を喜ぶ。

 年間の観光客入り込み数2千万人という箱根観光の目標は、火山活動の影響を受けた15年は達成できなかったが、回復基調となった16年は「届いたのではないか」との手応えがある。今年に入ってからは、さらに上回る状況が見込まれ、小田原箱根商工会議所が2月に行った景況調査でも商工業者のマインドが大幅に改善している。

 大型連休も客足の改善を裏付けるような混雑ぶりとなっている。箱根の玄関口である箱根登山鉄道箱根湯本駅は5日、家族連れや外国人観光客など、多くの人でにぎわった。海老名市の主婦牛山敦子さん(42)は「思ったより人が多くてびっくりした。温泉やガラス細工を楽しみたい」と話し、都内から家族で訪れていた佐藤蒼太君(4)は「楽しかった。外の風呂が気持ちよかった」と笑顔を見せていた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ