ここから本文です

【ビルボード HOT BUZZ SONG】 PKCZ(R)初のオリジナル音源がダウンロードで高ポイントを獲得し初登場首位に

Billboard Japan 5/6(土) 17:00配信

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。

 今週は、PKCZ(R)の「PLAY THAT feat.登坂広臣,Crystal Kay,CRAZYBOY」が1位を獲得した。本作は、DJ MAKIDAI(EXILE)、VERBAL(m-flo/HONEST BOYS(R))、DJ DARUMA(ex.Dexpistols)によるクリエイティブユニットによるもので、Afrojackがプロデュースを担当。ほぼダウンロードポイントのみで首位を獲得した。ミュージックビデオの解禁は5月12日20時に予定されており、まだまだチャートを賑わせそうだ。

 2位は、オースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」。4月28日にテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演した影響もあり、ダウンロード、Twitter、週間動画再生のポイントが全て上昇している。そして3位は、ダウンロード順で2位を獲得している倉木麻衣「渡月橋~君 想ふ~」がチャートインとなった。

 そしてトップ10内に初登場したのが西野カナ「パッ」。5月3日のリリースに先駆けてスタートしたダウンロードで7位。ビタミン炭酸「MATCH」のCMソングに起用されていることもあり、Twitter10位、動画再生22位と、まんべんなくポイントを積み上げ5位を獲得した。



◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年5月8日付)
1位「PLAY THAT feat.登坂広臣,Crystal Kay,CRAZYBOY」PKCZ(R)
2位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
3位「渡月橋~君 想ふ~」倉木麻衣
4位「サイハテアイニ」RADWIMPS
5位「恋」星野源
6位「パッ」西野カナ
7位「ヒトリゴト」ClariS
8位「目抜き通り」椎名林檎とトータス松本
9位「美女と野獣」アリアナ・グランデ、ジョン・レジェンド
10位「MOON JELLYFISH」Flower

最終更新:5/6(土) 17:00

Billboard Japan