ここから本文です

生活彩るクラフト300点 クルン高岡地下街で企画展

北日本新聞 5/6(土) 21:33配信

 「飾る」をテーマにクラフト作家の作品を集めた企画展が、高岡市のクルン高岡地下街にあるB1ギャラリーで開かれており、春の新生活に彩りを添える約300点が並んでいる。29日まで。火曜定休。

 県内をはじめ、日本クラフトデザイン協会(JCDA)に所属する作家ら計19人が出品。部屋や食卓を飾る器や置物、ネックレスやボタンなどのアクセサリー類を展示販売する。

 箱物を包むと富士山やケーキの絵柄に仕上がるユニークな風呂敷や、「こどもの日」にちなんだかぶと飾りとこいのぼりのガラスの置物もある。

 ケヤキやセンダンを使った花台もあり、木目の美しさを強調している。

北日本新聞社

最終更新:5/6(土) 21:33

北日本新聞