ここから本文です

広島、屈辱の9点差逆転負けで首位陥落 2戦で20失点、連日の大逆転負け

5/6(土) 19:03配信

ベースボールキング

○ 阪神 12 - 9 広島 ●
<8回戦 甲子園>

 阪神が4連勝で単独首位に浮上。対する広島は9点リードを守り切れず、連敗で首位陥落となった。

 広島は初回、プロ初登板となった阪神先発・福永を攻め、2番安部の適時二塁打などで2点を先制。2回以降も3番丸の5号2ランなどで着実に加点し、5回表までに9-0と一歩的な展開へ持ち込んだ。

 先発の岡田は、4回までは1安打しか許さない抜群の立ち上がり。5回に1点を返されたが、打線の大量援護を受け勝利投手の権利を得た。

 しかし8点リードの6回、四球や二塁打で無死二、三塁とされると、3番糸井の内野ゴロの間に2失点目。さらに二死一、三塁から6番鳥谷に適時内野安打を許したあと、自らの暴投も重なり4点目を失った。

 動揺の色を隠せない岡田は、再び二死満塁としたところで降板。リードはまだ5点あったが、代わった中田も雰囲気に飲み込まれ、途中出場の原口に押し出し四球を与え5-9となった。なおも満塁から、1番高山に右翼線への3点適時二塁打を打たれたちまち1点差。続く二死三塁のピンチは凌いだが、イニングをまたぎ7回に登板した薮田も、傾いた流れを止められなかった。

 7回は一死から連打を浴び再びピンチを背負うと、鳥谷の打球を二塁・西川がファンブル。この隙に本塁生還を目指した二走・江越はVTR判定の末タッチアウトとなったが、なおも二死一、二塁から、7番糸原に同点適時打、8番梅野に逆転適時三塁打を浴び、一気に9-11と試合をひっくり返された。

 広島は8回に登板したオスカルも1点を失い計12失点。4点リードを奪いながら、5-8で敗れた前日に続きこの日も投手陣が大乱調。これでこのカードは、2戦で早くも20失点となってしまった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 8:05