ここから本文です

ポルシェとトヨタ、2018年ル・マンでのアロンソ起用に消極的。「まったく興味なし」

5/6(土) 11:46配信

オートスポーツweb

 WEC世界耐久選手権に参戦するトヨタとポルシェは、現時点で2018年のル・マン24時間耐久レースにフェルナンド・アロンソを起用する予定はないと語った。

【写真】世界三大レース制覇に向け、インディ500に向けたテストを行うアロンソ

 現在、マクラーレン・ホンダからF1に参戦しているアロンソは、ル・マンとF1モナコGP、インディ500の世界三大レース制覇を目標に掲げており、今月末にはモナコGPを欠場してインディ500に挑む。

 また、アロンソは2015年にポルシェからル・マン24時間出場も取り沙汰されたが、ポルシェのチーム代表、アンドレア・ザイドルは、シートが埋まっていることを理由に2018年のアロンソ起用を否定した。

「今のところ、チームのなかで(アロンソ起用は)議題に挙がっていない。我々には2台のポルシェ919ハイブリッドしかなく、来季ドライバーを変更する理由もないからだ」とザイドル。

「今、チームに所属している6名のドライバー(アール・バンバー、ティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートレー、ニール・ジャニ、アンドレ・ロッテラー、ニック・タンディ)には満足していて、空席はないんだ」

「2015年は3台目の919ハイブリッドを投入していたから話は簡単だった。結局、実現はしなかったが、アロンソとは話もしたしね」

「現時点では、我々に(アロンソ起用に向けた)オプションはない」

 なお、ザイドルは6名のドライバーとの契約は来季も続くのかと問われると「我々はいつも長期的なプランを立てている」とのみ答えた。

 また、トヨタのチームディレクターであるロブ・ルーペンも、たとえ2018年に3台体制でル・マンに参戦しても、アロンソを起用するとは考えにくいと述べている。

 ルーペンは「個人的にはチーム内のバランスがもっとも重要だと考えている」と語った。

「ビッグネームを招集することは最優先事項ではない。私たちの目標は別にあるからね」

「もちろん、アロンソがトヨタにアプローチしてきたら話はするだろう。しかし、我々には(アロンソを起用することに)まったく興味はない」

[オートスポーツweb ]