ここから本文です

スタンプで友禅模様 津幡でこどもの日イベント

北國新聞社 5/6(土) 0:58配信

 津幡町児童センターで5日に開催された「こどもの日」のイベントで、加賀友禅や金沢の街並みなどにちなんだ絵柄のスタンプが人気を集めた。絵柄を組み合わせ、気軽に友禅模様を作ることができる企画で、園児や児童らが楽しみながら伝統文化に触れた。

 スタンプは、菊やボタン、柳といった加賀友禅に用いられる絵柄のほか、鼓(つづみ)門(もん)や加賀藩の梅鉢紋、金沢和傘など計20種類となる。金沢市の「さんのきファクトリー」が2月に金沢21世紀美術館で開催された木育キャラバン(北國新聞社後援)に合わせ、同市のスギやイチョウなどを使って制作した。

 津幡町中条小4年の田村和(のどか)さんは、芸妓(げいこ)や加賀手まりなどのスタンプを押し、「金沢に行って本物を見てみたくなった」と話した。センターでは7日まで、スタンプで遊ぶことができる。

北國新聞社

最終更新:5/6(土) 0:58

北國新聞社