ここから本文です

2800本、かほくで見頃 南アフリカ原産「スパラキシス」

5/6(土) 0:58配信

北國新聞社

 かほく市長柄町の西森壮一さん(76)方で、南アフリカ原産の花「スパラキシス」約2800本が見頃を迎えた。

 西森さんは5年ほど前に親戚から1鉢譲り受け、育て始めた。毎年球根が増え、プランターと鉢の数は合わせて100を超えた。

 中心が黄色、外側が赤色の鮮やかな花が、道行く人の目を楽しませている。西森さんは「思った以上にきれいに咲いてくれた」と笑顔を見せた。

北國新聞社

最終更新:5/6(土) 0:58
北國新聞社