ここから本文です

レアル、アディダスから年間123億円のスポンサー料? 優勝でボーナスも

5/6(土) 11:41配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードは、メインスポンサーであるアディダスから年間1億ユーロ(約123億1270万円)を受け取っているようだ。スペイン紙『アス』が5日付で伝えている。

 同紙によると、ドイツの週刊誌『Der Spiegel』が、数々の契約書を公開する暴露サイト『フットボール・リークス』から得た情報を元にレアル・マドリードとアディダスの契約内容を報道。その詳細が明かされている。

 それによれば、アディダスは2015年から2024年にかけて同クラブに10億ユーロ(約1231億2700万円)の支払いを約束しているという。1年あたりでは1億ユーロとなるが、その内訳は7000万ユーロ(約86億1900万円)の固定支払いと、アディダス製のレアル・マドリードブランドの全売上の22.5パーセント相当、およそ3000万ユーロ(約36億9400万円)となっている。

 また、レアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラで優勝した場合には、さらに追加で250万ユーロ(約3億780万円)のボーナスが発生。2020年以降はこれが350万ユーロ(約4億3100万円)に増額となるようだ。加えて、チャンピオンズリーグ(CL)を制した暁には500万ユーロ(約6億1500万円)のボーナスが支払われる。こちらも、2020年以降は700万ユーロ(約8億6200万円)に増額となるという。

 巨額の資金提供を受けるレアル・マドリードだが、当然アディダスへの見返りも存在するようだ。アディダスは同クラブの伝統的なタイトル祝賀会を設営する権利を有しており、最大限の露出を得るためにそのブランドを前面および中央に配置することができると、報じられている。

 今シーズンのレアル・マドリードは、リーグでは1試合消化が少ないながらも首位・バルセロナと勝ち点で並んでおり、CLでは準決勝に進出。2冠を射程に捉えている。今回の報道が事実であるならば、今シーズンの結果次第で両者の関係性はより密なものになっていくだろう。

SOCCER KING

最終更新:5/6(土) 11:49
SOCCER KING