ここから本文です

15歳に疲れはなし!? 全然若いので…久保建英「2日くらい寝れば大丈夫」

5/6(土) 18:45配信

ゲキサカ

[5.6 J3第7節 F東23 0-3 琉球 味フィ西]

 多くのことがあった一週間だった。2日にU-20W杯メンバーに選出されたFC東京U-18のFW久保建英は、翌3日のルヴァン杯札幌戦でトップチームデビューを飾る。そして、6日にはFC東京U-23の一員としてJ3リーグに出場。「いろいろなことがあった一週間。最初に代表(発表)があって、次にルヴァンに呼ばれて、最後に今日負けてしまった。一回上に行ってから、下に落ちた感じです」と振り返った。

 前半2分に琉球に先制点を献上したF東23は、同18分にDF小川諒也が2度目の警告を受けて退場し、早い時間帯で数的不利に陥ってしまう。「1人少ない分、守るときは皆で守り、攻撃は個で攻めるしかないと思っていた」(久保)。その言葉を体現するようなプレーを披露したのが、同23分の場面だった。

 自陣でMF鈴木喜丈と挟み込んでMF田辺圭佑からボールを奪い取ると、体を寄せてくるMF知念雄太朗を鮮やかなマルセイユルーレットでかわして前を向く。距離を詰めようとしたDF西岡大志を一瞬の加速で置き去りにすると、敵陣のPA付近までボールを運んだ。このプレー以外にもダブルタッチで相手選手を翻ろうするなど、「今日は何度か個の部分は出せたと思う」と手応えもあったようだ。

 しかし、後半23分の直接FKが枠上に外れるなど、無得点に終わり、「結果的にゴールにつながっていない」と悔しさを滲ませた。「この前のルヴァンでもFKを蹴らせてもらって、今回も自分にチャンスがきましたが、ここ何試合かはFKを決められていない。サポーターの方々もあんなに応援してくれているのに外してしまい、本当に不甲斐ない。しっかり練習したいです」。

 4月30日のJ3第6節長野戦でフル出場し、5月3日のルヴァン杯では途中出場で24分間プレー。琉球戦では気温29度の中、83分間プレーしたものの、「(疲労は)少しはたまっているかもしれないけど、2日くらい寝れば大丈夫。まだまだ、全然若いので大丈夫です」と15歳は笑顔を見せる。来週11日からはU-20W杯に出場するU-20日本代表に合流。「次は代表に向かって準備したい」と世界と戦う準備を進めて行く。

最終更新:5/6(土) 18:56
ゲキサカ