ここから本文です

サンフランシスコ連銀総裁:物価目標達成に向け戦略再構築を

Bloomberg 5/6(土) 3:33配信

サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、米連邦準備制度など中央銀行はインフレ目標からの過去の逸脱分を埋め合わせるため、新たな戦略の導入を検討するべきだと述べた。

ウィリアムズ総裁は5日、ニューヨークで講演。事前に配布された原稿によると、こうした戦略の転換により、中銀は過去のアンダーシュート分を補うためインフレをしばらく目標を上回る水準に誘導することが可能になる、逆もまたしかりだと指摘。これは低金利の局面で経済を安定化させる中銀の能力を高める戦略だと話した。

同総裁は「このアプローチの大きな利点は、インフレ率が急上昇あるいは低下した場合は将来的に埋め合わせが必要になることだ」と発言。「これは中期的にインフレが軌道を外れないことを約束する」と述べた。

この政策は「安定的なインフレがインフレ期待をアンカーさせる正のフィードバックループをもたらし、従って安定的なインフレを促進する」と続けた。

原題:Williams Says Fed Should Rethink Price Policy Before Next Crisis(抜粋)

Matthew Boesler

最終更新:5/6(土) 3:33

Bloomberg