ここから本文です

ユンケル欧州委員長がまた問題発言、英語の重要性を疑問視

Bloomberg 5/5(金) 23:47配信

欧州委員会のユンケル委員長は、またしても英国で評判を落としかねない言動をとった。英語の重要性を疑問視するコメントを発したのだ。

だが、この発言をしたイタリア・フィレンツェでの会合では、拍手喝采を浴びた。

複数の言語に堪能なユンケル委員長は5日、「英語とフランス語との間で悩んでいたが、私は決めた」とし、「自分はフランス語で表現する。ゆっくりとではあるが確実に、英語は欧州で重要性を失いつつあるからだ」と述べた。

ユンケル委員長は先月行ったメイ英首相との会談後、会談前より10倍懐疑的になったなどと語ったことが今週報じられ、両者の衝突が表面化している。

原題:EU’s Juncker Says English Language Is Losing Its Clout in Europe(抜粋)

Nikos Chrysoloras

最終更新:5/5(金) 23:47

Bloomberg