ここから本文です

米雇用者数:4月は21万人増、前月下方修正-失業率低下も賃金伸び悩む

5/6(土) 0:01配信

Bloomberg

米国では4月、雇用者数の伸びが市場予想を上回った。また失業率は予想外に低下した。

米労働省が5日発表した4月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比21万1000人増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は19万人増だった。前月は7万9000人増(速報値9万8000人増)に下方修正された。

家計調査に基づく4月の失業率は4.4%と、前月の4.5%から低下し、2007年5月以来の低水準。エコノミスト予想は4.6%だった。

ジェフリーズのチーフ金融エコノミスト、ウォード・マッカーシー氏(ニューヨーク在勤)は「労働市場の状況は堅調さを維持しており、引き締まりが続いている」と指摘。「今回のデータを受け、金融当局は6月と9月に利上げし、12月にバランスシート正常化に向けた最初の一歩を踏み出すという年内の望ましい正常化計画を維持するだろう」と述べた。

4月は幅広い分野で雇用が増加したが、特にサービス業で伸びが大きかった。娯楽・ホスピタリティ関連は5万5000人増。教育・医療サービスは4万1000人増、金融も1万9000人増えた。小売りは6300人増と、小幅な伸びにとどまった。前月は2万7400人減少していた。

製造業は6000人増(前月1万3000人増)、建設業は5000人増(前月1000人増)だった。

4月は民間雇用者が19万4000人増加。前月は7万7000人増だった。

政府職員は1万7000人増。内訳を見ると連邦政府機関で6000人減った一方、州政府・地方自治体では2万3000人増えた。

平均時給は前年同月比で2.5%増と、前月(2.6%増)から減速、昨年8月以来で最も低い伸びだった。前月比では0.3%増(前月0.1%増)。

労働参加率は62.9%と、前月の63%から低下した。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Job Gains Rebound; Unemployment Falls to Pre-Crisis Low (1)(抜粋)

Michelle Jamrisko

最終更新:5/6(土) 0:01
Bloomberg