ここから本文です

パトリック・リードが1打差首位 世界1位DJは14位浮上

5/7(日) 7:50配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 3日目(6日)◇イーグルポイントGC(ノースカロライナ州)◇7471yd(パー72)

【画像】ワールドレディスサロンパス杯は話題の美女がいっぱい

第2ラウンドの未消化ホールと第3ラウンドを行った。第3ラウンドを13位から出たパトリック・リードが「67」でプレーし、通算8アンダーの首位に浮上した。2016年「ザ・バークレイズ」以来のツアー6勝目に王手をかけた。

上がり2ホールの連続バーディでトップに躍り出た。最終18番(パー5)では2オンに成功して9mのイーグルチャンスにつけると、冷静に2パットでバーディを奪った。「(最終日は)優勝のことは考えないで、自分自身のゴルフに集中したい」と、気を引き締めた。

1打差の通算7アンダー2位で追うのは、ともに「69」でプレーした世界ランキング12位のアレックス・ノレン(スウェーデン)、同13位のホン・ラーム(スペイン)の2選手。

初日から首位のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)は、通算6アンダーの4位に後退した。1カ月半ぶりの復帰戦の世界ランク1位ダスティン・ジョンソンは56位から「67」で回り、通算4アンダー14位に浮上してフィル・ミケルソンらと並んだ。

石川遼は第2ラウンド終了時点で、通算12オーバーの149位に沈み予選落ちした。