ここから本文です

秋田犬がキラーコンテンツ 首都圏の駅観光ポスターに「ニヘっとなる」

J-CASTニュース 5/7(日) 11:00配信

 「これは美しい」「良すぎる」。秋田県が観光プロモーション用に掲示しているポスターの数々がツイッター上で好評だ。

【写真】きりたんぽの前にちょこんと座る秋田犬

 県の観光地や名物を写真に収めているが、ことごとく一緒に「秋田犬」が写っている。県の観光振興課担当者はJ-CASTニュースの取材に「キラーコンテンツの秋田犬によるPRを進めています」と話す。

■なまはげ10数体の中央に秋田犬

 秋田県のポスターが話題を集めたのは2017年4月29日のツイートだ。あるユーザーが「(東京の)新宿駅構内に貼ってある秋田県のポスター、良すぎる」と3種類の写真を投稿。男鹿市のなまはげ、羽後町の西音内(にしもない)盆踊り、大館市のきりたんぽ鍋と、食文化や伝統芸能を1枚につき1種類紹介している。デザインされているのはその名物の写真以外には、「JAPAN AKITA Oga City Namahage」「秋田県 男鹿市 なまはげ」という文言だけ。背景はいずれも白く、デザインはかなりシンプルだ。ツイートには「これは美しいな。素晴らしい」「すごいセンス良いですね」「こういうポスターはいいね」と反響が集まっていた。

 際立つのが、いずれのポスター写真にも「秋田犬」が写っている点だ。その癒やされる風貌のせいか、なまはげ10数体が並んだ写真でも、中央に舌を出した秋田犬がちょこんと佇んでいることで、どこか雰囲気をソフトに中和してくれている。

 ポスターシリーズの報告は3月下旬からツイッター上で相次ぐようになり、

  「心惹かれる風景の数々に可愛らしい秋田犬、最高」
  「秋田犬可愛い」
  「秋田キャンペーンポスターの秋田犬がかわいい。朝見るたびニヘっとなっている」

と秋田犬効果もあいまって徐々に認知度が上がっていた。

 J-CASTニュースが5月1日に秋田県観光振興課にポスター掲出の経緯について取材したところ、担当者は「もともと大館市が秋田犬に注目してPRをしており、県としてもキラーコンテンツである秋田犬の活用を考えはじめました。そこで『秋田犬の里』としてアピールしていこうと、観光資源と合わせて打ち出したのがきっかけです」と話す。

1/2ページ

最終更新:5/7(日) 11:00

J-CASTニュース