ここから本文です

Uターン混雑続く 静岡県内、東名・御殿場まで23キロ渋滞

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/7(日) 7:11配信

 ゴールデンウイークを行楽地で過ごした人たちのUターンが6日、各地で続いた。静岡県内の高速道路で静岡・神奈川県境付近で20キロを超える渋滞が発生したほか、東海道新幹線は上りのひかりで乗車率が100%を超えた。

 静岡県警交通管制センターなどによると、東名高速道の上りは同日午前10時50分ごろに山北バス停(神奈川県山北町)付近で起きた車両火災の影響で、御殿場インターチェンジ付近まで最大約23キロの渋滞が発生した。中日本高速道路によると、7日については県内高速道路での渋滞発生はない予想という。

 航空各社によると、静岡空港は6日に混雑のピークを迎え、静岡空港着の国内線はほぼ満席だった。

 JR東海静岡支社によると、同日午後5時時点で静岡駅を発着する新幹線自由席の乗車率は、上りがひかり120%、こだま90%。下りはひかり70%、こだま30%だった。上りの混雑のピークは7日の見通しという。

静岡新聞社

最終更新:5/7(日) 9:12

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS