ここから本文です

川谷絵音 ベッキーから「謝罪会見は見ないでくれ」と連絡

5/7(日) 11:45配信

東スポWeb

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)が7日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、タレント・ベッキー(33)との不倫、現在の恋人・ほのかりん(20)との交際について語った。

 ダウンタウン・松本人志(53)から「ゲスが出たぞ~! ゲスがきたぞ~!」といじられた川谷。10か月ぶりのテレビ出演に「コンサートやブログで自分の気持ちを伝え、騒動に決着をつけたつもりだったが、伝わっていない」と感じたという。10日に発売延期になっていたアルバムをリリース、同日コンサートを開催することから「その前に思いを伝えたかった」。

 昨年1月にベッキーとの不倫が発覚。正月、長崎の実家に連れていったことをツッコまれると「ベッキーさんは『行ったらダメでしょう』と言ったが、ボクがクズすぎた。後悔しています」と振り返った。さらに「ベッキーから謝罪会見は見ないでくれと連絡があった」「LINE(画像の流出)は知らなかったので、本当にビックリした」などと一連の騒動を説明した。

 ベッキーから正式に別れの言葉はなく「金スマ(中居正広の金曜日のスマイルたちへ=TBS系)でしゃべっているのを見て、全て終わった」とテレビで知ったと告白。また、ほのかりんとは「楽しいかどうかは分かりませんが、付き合っています」と交際中であると明言。「実家には連れていってません」と付け加えた。

 流行語にもなった「ゲス不倫」については「ボクが作った言葉ではないです。現象は作りましたが」としつつも、「ゲスの極み乙女。」というバンド名をつけたことは「ちょっと後悔しています」と笑いながら話した。

最終更新:5/7(日) 14:16
東スポWeb