ここから本文です

華はないが漫才では負けない、スーパーマラドーナ「上方漫才大賞」奨励賞

5/7(日) 9:30配信

お笑いナタリー

「第52回上方漫才大賞」奨励賞を受賞したスーパーマラドーナ。コンテスト終了後の囲み取材で漫才への思いを語った。

【写真】左から奨励賞のスーパーマラドーナ、大賞の海原やすよ ともこ、新人賞のトット。(他4枚)

昨日5月6日、関西テレビとラジオ大阪で生放送された「第52回上方漫才大賞」。奨励賞はノミネートされた吉田たち、スーパーマラドーナ、和牛、なすなかにし、アキナの5組が漫才を披露し、その場の審査によって選出された。

和牛の勢いを脅威に感じていたという武智。「悪くないな」と手応えもなくはなかったが「新人賞がめちゃくちゃウケてたので、圧倒された。獲れるとは思っていなかった」とネタ後の感触を振り返った。反対に田中は「獲れると思ってましたね。『ネタ間違えずにできた!』と思ったので」と、武智とは別次元で自信を持っていたことを明かす。

武智が次に見据えるのは昨年あと一歩のところで優勝に届かなかった「M-1グランプリ」。「去年銀シャリが奨励賞獲って『M-1』優勝しているので、それに続けるように。今年は自信あります」と力を込める。「M-1」期間中は毎日のように劇場でネタを書いていた。「漫才は僕らを一番生かしてくれる場所。同世代の活躍している芸人たちのような華はないですが、漫才で負ける気はしません。漫才は僕らにとって一番大事なもの」と今年もその努力を惜しむつもりはない。そんな武智を「カッコいいですね。僕も言ってみたい」とおちょくる田中は、今回の勝因について「朝食は食べないつもりだったけど奥さんが作ってくれたので食べました。お腹、ちょうどよかったですね」と述べ、記者の笑いを誘った。

また生放送中、妻には黙っていた武智の借金を司会の太平サブローが悪意なくバラしてしまう場面があり、武智のケータイには妻からの怒りのメッセージが。武智は「こういうことってありますよね」と苦笑いしつつ、3年ほど前から田中に「ちょこちょこ」借りていたのが数十万まで膨らんだと告白。具体的な金額をにごしたが、田中は詳しく言うように勧め、「借金関係の仕事とか入るんじゃないですか? あ! リアル借金取り!」と当日披露した借金取り立ての漫才と重なったのか1人はしゃいでみせた。

なおスーパーマラドーナは8月30日(水)、東京・ルミネtheよしもとにて単独ライブ「スーパー・ルミネ・マラドーナ4」を開催する。チケットはチケットよしもとなどで販売中。

スーパー・ルミネ・マラドーナ4
日時:2017年8月30日(水)19:00開場 19:30開演
会場:東京・ルミネtheよしもと
料金:前売2500円 当日2800円