ここから本文です

AI、伝説再び!主催ライブイベント『伝説NIGHT II』にて渡辺直美、久保田利伸ら総勢24組の豪華アーティストと共演

M-ON!Press(エムオンプレス) 5/7(日) 19:14配信

前作から約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『和と洋』を6月7日に発売するAI主催のイベント「AI Presents 『伝説NIGHT II』」が、大阪と東京で開催された。

【詳細】他の写真はこちら

このイベントは、AI自身が本当にリスペクトしていて、楽曲を一緒に制作したアーティストに声をかけ、AIの気持ちに賛同したアーティストAFRA、AK-69、ANTY the KUNOICHI、青山テルマ、THE BAWDIES、BOY-KEN、CORN HEAD、DABO、DELI、DOUBLE、福原美穂、DJ HIRAKATSU、JESSE from RIZE / The BONEZ、Judith Hill、DJ KAORI、久保田利伸、DJ LEAD、PUSHIM、SPHERE of INFLUENCE、TOMI-E、土屋アンナ、渡辺直美、Zeebra、の計24組が大阪、東京の3日間に集結した。

AIのメジャーデビュー10周年を記念し開催された第一回目同様、 AIがリスペクトする国内外のアーティストと共に創り上げ、文字どおり“伝説”となったあの感動のステージが、2017年4月に大阪6,000人、5月東京6,600人(2日間)、合計12,600人(3日間合計)を動員し、2017年に再び甦った。

ファイナルとなった5月6日は、オープニングからヒット曲「ハピネス」で登場すると、会場に詰めかけた3,300人のファンから大歓声が起こり、あらたな伝説が幕を開けた。

その後、続々と, AFRA、AK-69、ANTY the KUNOICHI、青山テルマ、THE BAWDIES、BOY-KEN、CORN HEAD、DABO、DELI、DOUBLE、福原美穂、DJ HIRAKATSU、Judith Hill、DJ KAORI、PUSHIM、SPHERE of INFLUENCE、TOMI-E、土屋アンナ、Zeebraといった錚々たる客演アーティストが登場し、ステージを最高潮に盛り上げ、まさに伝説NIGHTの名にふさわしい最高のステージとなった。

本編ラストには、4年ぶりとなるオリジナルアルバム『和と洋』のリード曲で、ドラマ主題歌として話題になっている「最後は必ず正義が勝つ」を初披露。中毒性のあるサビに和太鼓の鼓童が参加した、アルバム『和と洋』を代表する楽曲。初披露ということもあり、AIの生パフォーマンスでの新曲披露に会場中が大興奮に包まれ、AIはステージをあとにした。

そして、興奮冷めやらない会場からアンコールの大合唱が続き、再びAIがステージに登場して、アフリカの伝統的な打楽器によるパフォーミングアート集団「ドラムストラック」をゲストに迎え、「Wavin’ Flag 」を披露。AIの笑顔溢れるアンコールパフォーマンスに会場は暖かい雰囲気に包まれた。

フィナーレには、ステージ上に出演者総勢19組全員を呼び込み、全29曲のパフォーマンスを披露したイベントの大成功を讃え合った。まさに歴史的瞬間を迎えたAIの2度目となる“伝説”が、大成功のうちに幕を閉じた。

今後AIは、4年ぶりとなるオリジナルアルバム『和と洋』をリリース。9月から全国ツアーを開催する予定だ。

PHOTO BY HAJIME KAMIIISAKA

リリース情報
2016.06.07 ON SALE
ALBUM『和と洋』

『伝説NIGHT II』OFFICIAL WEBSITE
http://sp.universal-music.co.jp/ai/densetsunight2/

『和と洋』特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/ai/watoyo/

AI OFFICIAL WEBSITE
http://AImusic.tv

最終更新:5/7(日) 19:14

M-ON!Press(エムオンプレス)