ここから本文です

テニス=ラオニッチとチリッチ、イスタンブールOP決勝へ

ロイター 5/7(日) 9:58配信

[6日 ロイター] - 男子テニスのイスタンブール・オープンは6日、イスタンブールでシングルス準決勝を行い、世界ランク6位で第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は第5シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)を6─2、6─3で下し、決勝に進出した。

ラオニッチは3月のマイアミ・オープンをハムストリングの負傷で棄権して以来、これが初の大会出場。

世界8位で第2シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は前回王者で第3シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)にストレート勝ちを収めた。

クレーコートで2012年以来の優勝を狙うチリッチは試合後、「週の初めから決勝進出を狙っていた。自分のテニスにとても満足しており、明日も継続したい」と語った。

最終更新:5/7(日) 9:58

ロイター