ここから本文です

陸上=キプチョゲ、非公認のマラソン企画で2時間切り逃す

ロイター 5/7(日) 10:59配信

[モンツァ(イタリア) 6日 ロイター] - 男子マラソンでスポーツ用品大手ナイキが企画した2時間突破に挑戦する試みが6日、イタリアのモンツァで行われ、エリウド・キプチョゲ(32、ケニア)が2時間0分25秒を記録した。

キプチョゲのタイムはデニス・キメット(ケニア)の世界記録、2014年ベルリン・マラソンでの2時間2分57秒を上回ったが、ペースメーカーのシステムが異なるために非公認扱いとなる。

リオデジャネイロ五輪の金メダリストで、2時間3分5秒という歴代3位の記録を持つキプチョゲは走り終えた後、2時間の壁を破る挑戦はこれで終わりではないとコメント。挑戦を木登りにたとえ、「足が枝にかかりさえすればすぐに次の枝に進める」と述べた。

チャレンジは自動車レースF1のイタリア・グランプリが行われるモンツァのサーキットで行われ、ハーフマラソン世界記録保持者ゼルセナイ・タデセ(エリトリア)は2時間6分51秒、レリサ・デシサ(エチオピア)は2時間14分10秒で走った。

最終更新:5/7(日) 10:59

ロイター