ここから本文です

エル・ファニングが宇宙人役!?ジョン・キャメロン・ミッチェルの新作12月公開

5/7(日) 12:11配信

映画ナタリー

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェルがメガホンを取った「How to Talk to Girls at Parties(原題)」が、12月2日より東京・新宿ピカデリーほか全国にて順次公開される。

1970年代の英ロンドンを舞台にした本作は、引っ込み思案なパンク少年エンと美しい少女ザンの交流を描いた物語。パンク発祥の地を探検しに来た宇宙人という疑惑が持ち上がるザンをエル・ファニング、パーティでザンと出会う童貞の少年エンをアレックス・シャープが演じる。そのほかの出演者はニコール・キッドマン、ルース・ウィルソン、マット・ルーカスら。

(c)COLONY FILMS LIMITED 2016

最終更新:5/7(日) 12:11
映画ナタリー