ここから本文です

【巌流島】アンブリッツ「菊野の蹴りは研究していた」

5/7(日) 17:48配信

イーファイト

 5月6日(土)千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA ニッポンの底力! ニッポンの未来!』で、菊野克紀(沖縄拳法空手/日本)と無差別級戦で対戦したジミー・アンブリッツ(MMA/アメリカ)が、試合後のインタビューに答えた。

【フォト】ドクターチェックを受ける菊野

 体重差約57kgの無差別級戦として注目された一戦は、1R1分4秒、菊野が放った右ローキックがアンブリッツのヒザ辺りに当たり、菊野のスネが割れて大流血。ドクターの診断で傷口から骨が見えている状態のため試合続行不可能と判断され、ルールにより試合不成立で無効試合となった。菊野は病院へ直行。

 アンブリッツは「私だけでなく菊野選手も残念がっていると思う。ファンのためにいい試合をして、勝利を得たかったのに残念だ」と試合を振り返り、「ぜひまた機会があれば再戦したい。ファンにも失望させてしまったので次はいい試合を見せたい」と再戦を希望した。

 菊野の負傷については「おそらく、お互いのスネとスネがぶつかり合ったのではないか」と言い、「ずっと彼の試合を見て注目していたのは蹴りと上から被せるパンチの2つ。だから彼の蹴りに対するブロックとカウンターを研究していてずっと練習していた」と、ローキックをスネでブロックする練習をしていたという。

「彼の蹴りが速いのは分かっていたが、実際には想像以上に速くて驚いた。でも練習をしていたので、彼の蹴りが来たタイミングでブロックすることが出来た。彼だけが怪我をしたのは私の方が骨が太かったのと、私にはメキシカンの血が流れているから皮膚が厚かったからだろう(笑)。ただ、ブロックすることは考えていたが、それで彼が怪我をすることまでは想定していなかったよ」と語った。

最終更新:5/7(日) 17:48
イーファイト