ここから本文です

ジャスティン・ビーバーが高級ホテルで自らパンツを洗濯

5/7(日) 17:30配信

東スポWeb

 カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバー(23)が高級ホテルで自分のパンツを洗濯していたことが分かった。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 ビーバーは米ロサンゼルスのトルーカ・レイクにあるベッドルーム10部屋にバスルーム16部屋、ホームシアターやプール、ジムなどを完備した家賃月8万ドル(約894万円)の超豪華マンションに住んでいたが、現在はそこを引き払い、ビバリーヒルズの高級ホテル「モンタージュ ビバリーヒルズ」で暮らしているという。部屋のバルコニーには、ビーバーが自分で洗濯したとみられるパンツやシャツなどが無造作に干されており、その様子をパパラッチに撮られたのだ。洗濯物の中には、モデルを務めるカルバンクラインのブリーフも干してあったという。

「ビーバーはトルーカ・レイクのマンションで女たちや仲間を呼んで連日のように夜遅くまでパーティーをしていましたが、マンションのオーナーがビーバーに家を貸すのをやめてしまったのです」と関係者は語る。そこで仕方なくホテル住まいをすることにしたという。

 このホテルは、かつて恋人だったセレーナ・ゴメス(24)とデートを重ねた場所で、パパラッチに何度かキャッチされた。また友人を呼んでパーティーをするなど、ビーバー御用達のホテルだという。いずれにしても自分でパンツを洗濯していたとなると、意外にマメなのかもしれない。

最終更新:5/7(日) 17:30
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ