ここから本文です

「さくら学院」新メンバーの田中美空&八木美樹がライブでお披露目

東スポWeb 5/7(日) 20:52配信

 成長期限定ユニット「さくら学院」が7日、東京・目黒区の恵比寿ザ・ガーデンホールでライブイベント「さくら学院 2017年度~転入式~」を開催。代表曲「夢に向かって」ほか全10曲をパフォーマンスし、800人のファンを熱狂させた。

 さくら学院とは、大手芸能事務所・アミューズ所属のアイドルで結成され、学校生活とクラブ活動をテーマに活動。“成長期限定ユニット”をうたい、メンバーは義務教育終了の中学3年生の3月でグループから卒業するという原則がある。

 8曲目「ホームルーム」後には、田中美空(たなか・みく=10)、八木美樹(やぎ・みき=10)の2人が転入生(新メンバー)としてお披露目され、グループは12人体制で新たなスタートを切った。

 初ステージに田中は「(舞台)裏でも全然緊張してませんでした。今も全然緊張してません!」と度胸たっぷり。一方で八木は「死にそうなぐらい緊張してました…」と初々しさいっぱいだ。

 特技を聞かれると、八木は小学2年から英語を学んできたことを告白。同じく英語を得意とする日高麻鈴(13)が流ちょうな英語で「もし寝ている時にエイリアンに襲われたらどうする?」と聞くと、これまた流ちょうな英語で「机の下に隠れます!」と答え、笑いを誘った。

 同ユニットの卒業生には「ゼクシィ」のCMで話題を集めたモデルの松井愛莉(20)、ドラマ「GTO」などに出演した女優でモデルの三吉彩花(20)、世界的な人気を獲得している3人組アイドルメタルユニット「BABYMETAL」が顔を揃える。

 また、現在、お笑いコンビ「博多華丸大吉」の博多華丸(47)の次女・岡崎百々子(14)が所属していることでも知られる。

最終更新:5/7(日) 20:52

東スポWeb