ここから本文です

3位確保を目前としたアトレティコ、シメオネは「素晴らしい6年間。倒れても立ち上がり、戦い続けている」

GOAL 5/7(日) 22:20配信

6日のリーガエスパニョーラ第36節、アトレティコ・マドリーは本拠地ビセンテ・カルデロンでのエイバル戦を1−0で制し、チャンピオンズリーグにストレートイン可能な3位の座確保まであと勝ち点1に迫った。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、チームが今季も変わらぬ競争力を示していることに満足感を表している。

スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。

「5年半、いや、ほぼ6年にわたって素晴らしい時間を過ごしている。選手たちは倒れても立ち上がり、戦い続けている。人々はそのことに感謝をしているはずだ。今季は序盤には難しい日々を過ごしたが、残り2節という段階で重要な場所に立つことができている」

10日にチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグ、カルデロンでのレアル・マドリー戦に臨むアトレティコ。0−3からの逆転が必要な状況だが、エイバル戦では何度も決定機を逸するなど不安な面もあった。

「二つの試合は質が異なる。今日の試合には、チャンピオンズでの打撃をひきずった状態で臨んだ。普段のような状態で戦えたわけではなく、それが試合の立ち上がりに反映されることになった。水曜の試合はより意識をはっきりさせ、落ち着いた状態で迎えなくてはならない」

GOAL

最終更新:5/7(日) 22:20

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合