ここから本文です

さんまが自分のものまねで売る原口あきまさに初対面で言った一言

スポーツ報知 5/7(日) 9:18配信

 タレントの関根勤(63)、ものまねタレントの松村邦洋(49)と原口あきまさ(41)が7日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演。原口がものまねを得意とする明石家さんま(61)と初対面した際のエピソードを明かした。

【写真】GACKTには激怒されたという原口あきまさ

 原口がさんまと初めて対面したのは、当時、ものまね番組のMCを務めていた歌手の研ナオコ(63)に「会わせたい人がいる」と連れて行かれたさんまの楽屋だったという。

 さんまのまねをする小道具の入れ歯をした状態でドアを開けると、振り向いたさんまにいきなり「出たっ」と言われ、原口は「出ました」と返したという。

 さんまはものまねについて「いけるね」と評価してたといい、「お前、似てるわ。お前のものまね見とったらさんちゃんがいかにテレビ向きか分かるわ」と改めて自分の凄さを実感していたという。「さんまさんが自分好きな人で良かった」と原口は感謝していた。

最終更新:5/7(日) 9:56

スポーツ報知