ここから本文です

中学3年生・新藤さん“キラキラ女子”に輝くも、報告は「オブラートに…」

デイリースポーツ 5/7(日) 14:58配信

 サンリオのテーマパーク・サンリオピューロランド来場者の中からキラキラしている女性を選ぶ「第2回KiRAKIRA GIRLSオーディション」のファイナル審査が7日、東京・多摩市の同所で行われ、東京の中学3年生・新藤葵さん(14)がグランプリに輝いた。

【写真】グランプリの新藤葵さん 和栗萌子さん、山徳まりなさんと3人並んで笑顔

 オーディションは「ピューロランドで遊ぶだけ!?」をコンセプトに3月18~20日に同所に来場した12~22歳の女性610人がエントリー。この日はファイナルに残った20人が自己アピールを行った。

 受賞の瞬間は「信じられなくて、頭が真っ白になりました」と驚きを隠せなかった新藤さん。現在はバスケットボール部に所属しており、最終審査でも、元気いっぱいなところをアピールした。ピュアな笑顔が決め手となって「読売中高生新聞賞」とのダブル受賞となった。

 憧れは雑誌「ポップティーン」のモデルを務める“めるる”こと生見愛瑠(ぬくみ・める=15)。今後は神田うの(42)や栗山千明(32)らが所属するモデルエージェンシー「スペースクラフト」に所属して活動することになるが、「見た人が“いいな”と思って元気になってくれるような、ティーン雑誌のモデルになりたいです」と夢を膨らませた。

 グランプリ受賞は全く予想していなかったようで「まさかこんなことになるとは」と苦笑い。バスケットボール部の友人たちには「オブラートにつつんで報告します」と控えめな姿勢を見せた。

 オーディションは、サンリオが大好きな妹と一緒にピューロランドを訪れた際に、軽い気持ちで応募したものだっただけに「不思議な気持ちです。現実味がなさ過ぎて…」と戸惑いも。内なる闘志は燃えているようで「グランプリをいただいたからには、なんでもがんばります」と気合を見せていた。

 準グランプリは埼玉県の就活生・和栗萌子さん(21)、審査員特別賞は東京の大学1年生・山徳まりなさん(18)が獲得した。

最終更新:5/7(日) 15:05

デイリースポーツ