ここから本文です

阪神・鳥谷が2点先制打 「なんとか先制したい場面」

デイリースポーツ 5/7(日) 15:32配信

 「阪神-広島」(7日、甲子園球場)

 阪神の鳥谷敬内野手が、先制2点適時打を放った。

 両軍無得点の四回。2死二、三塁の好機で打席に入ると、広島の先発右腕、九里の投じた変化球を右前へとはじき返した。

 3走の北條に続き、2走の糸井も生還し、均衡を破った。

 鳥谷は「打ったのはフォーク。能見さんが粘って投げてくれているので、優位な状況で投げてもらうためにもなんとか先制したい場面でしたし、みんながつないでくれて回ってきた打席だったので、先制のタイムリーヒットを打つことができてよかったです」と振り返った。

最終更新:5/7(日) 16:06

デイリースポーツ