ここから本文です

内館牧子氏が右足甲骨折で全治6カ月の重傷

デイリースポーツ 5/7(日) 16:01配信

 作家の内館牧子氏(68)が7日、都内で行われた「第7回『忘れられない看護エピソード』表彰式」に、審査員として出席。今年4月6日に都内で転倒した際に右足の甲を複数箇所骨折し、全治6カ月の重傷を負ったことを明かした。

内館牧子氏 元横綱朝青龍とのケンカを懐かしむ

 右足にギプスをはめ、車いす姿で登場した内館氏は「昨年は肺炎になって欠席しまして、今年はこんな体たらくで…。でも、2場所連続で休場するわけにもいきませんので」とジョーク混じりに説明。4月6日に花見の名所である東京・六本木のさくら坂を歩いていた時に、桜に見とれて段差を踏み外し、転倒したと話した。

 閉会後にはデイリースポーツなどの取材に応じ、「頭も打っていたから、そっちの方が心配だった」と状況を説明。頭部には異常はなかったが、右足甲の基節骨、中足骨を骨折し、全治6カ月と診断されたという。

 医師からは手術を勧められたが、「心臓病をしたこともあって、全身麻酔で手術はしたくなかったんで、ギプスで治そうと」と、手術はせずに自宅療養を選択。「足の腫れはだいぶ引きましたけど、最低3カ月はギプスをしてないといけない」とし、この日が手術後初めてのイベント出演であることも明らかにした。

 内館氏はかつて大相撲の横綱審議委員会も務めており、好角家としても著名。14日に初日を迎える大相撲夏場所については「残念ですけど、休場ですかね…。稀勢の里を見たかったのに」と苦笑い。「秋場所には治して見に行けるように」と話した。

最終更新:5/8(月) 6:01

デイリースポーツ