ここから本文です

阪神が5連勝で単独首位キープ 鳥谷5打点、能見が今季初勝利

5/7(日) 17:16配信

デイリースポーツ

 「阪神6-0広島」(7日、甲子園球場)

 阪神が5連勝。広島との首位攻防3連戦3連勝で、単独首位をがっちりキープした。

 広島先発・九里の前に、三回まで無安打無得点に抑えられていた阪神打線。目覚めたのは四回だ。先頭の北條が四球で歩くと、続く糸井がチーム初安打となる右前打を放って無死一、二塁とした。

 福留の二ゴロで1死二、三塁。中谷は三振に倒れたが、続く鳥谷が仕留めた。真ん中付近に甘く入った変化球を右前へ。二走・糸井もかえって先制の2点タイムリーとなった。

 六回には北條の左前打、糸井の四球で無死一、二塁と攻め、福留が右線へ適時二塁打。1死二塁からは鳥谷が今度は中前へ2点打を放ち、リードを広げた。さらに八回には安打と四球で無死満塁とし、鳥谷のこの試合5打点目となる右犠飛でダメ押しした。

 先発の能見も好投。初回は1死満塁のピンチを招いたが、新井、ペーニャを連続三振に斬って無失点で切り抜けた。二、三回は三者凡退。四回は2死二塁、五回は1死一、二塁とされたが、得点は与えなかった。六回2死一、二塁の場面で降板し、2番手の桑原が後続を抑えた。能見は5回2/3を5安打8奪三振無失点で今季初勝利。桑原、岩崎、藤川とつないだ救援陣も踏ん張り、完封リレーで締めくくった。

 5打点の活躍で広島を3タテした鳥谷は「みんながつないでくれたおかげ。何とかしたかった。先は長いがだいぶ、去年は広島にやられてるので」とコメント。

 鳥谷とともにお立ち台に上がったベテランの福留は「広島に3つ勝てていいゴールデンウィークになった」と白い歯を見せていた。

スポーツナビ 野球情報