ここから本文です

金沢、星稜を5―1で撃破し春13年ぶりV

スポーツ報知 5/7(日) 14:14配信

◆第136回北信越地区高等学校野球 石川県大会 ▽決勝 金沢5―1星稜(7日・石川県立野球場)

 決勝戦が行われ、金沢が5―1で星稜を下し13年ぶりの優勝を果たした。初回に森下恋太郎一塁手(2年)の2ランなどで3点を先制すると、6回にも2点を追加。先発の向井蓮(2年)と2回から登板した2番手・大筆一輝(2年)が星稜打線を5安打1失点に抑えた。

 両校は北信越大会(6月3日~6日・新潟)に出場する。

最終更新:5/7(日) 14:14

スポーツ報知