ここから本文です

広島3番手・高橋樹は2回1失点「スピードがない分、制球が大事」

5/7(日) 19:32配信

デイリースポーツ

 「阪神6-0広島」(7日、甲子園球場)

 広島の3番手・高橋樹也投手(19)は5点ビハインドの七回から登板し、2回2安打1失点だった。

 七回は三者凡退に抑えたが、八回に鳥谷の中犠飛で1点を献上。糸井、福留らベテランとの対戦を通して「甘く入って打たれたボールがある。スピードがない分、制球が大事」と自らの課題と長所を再確認していた。