ここから本文です

【NHKマイルC】今年も牝馬!アエロリットが完勝 横山典「自信もって乗った」

スポーツ報知 5/7(日) 16:14配信

◆第22回NHKマイルC・G1(5月7日、芝1600メートル、東京競馬場、良)

 3歳馬18頭が争い、横山典弘騎手騎乗の2番人気のアエロリットが好位の外から直線で抜け出して快勝。このレースを初めて1勝馬として制するとともに、昨年のメジャーエンブレムに続いて2年連続5頭目の牝馬V、さらに父クロフネ(01年)との父子制覇を達成した。管理する菊沢隆徳調教師(47)=美浦=は11年の開業以来、初めてのG1制覇となった。

【写真】アエロリットに騎乗した横山典騎手と初めてG1制覇した菊沢調教師

 2着は中団の外から差してきたリエノテソーロ(吉田隼人騎手騎乗)で、05年(1着ラインクラフト、2着デアリングハート)に続くレース史上2度目の牝馬ワンツーに。3着は逃げ粘った6番人気のボンセルヴィーソ(松山弘平騎手騎乗)。1番人気を集めたカラクレナイ(ミルコ・デムーロ騎手騎乗)は17着に終わった。

 横山典騎手(アエロリット=1着)「強かったですね。返し馬の段階ですごくよくて、厩舎、スタッフがしっかり仕上げてくれたのが感じられた。いつもより良く感じたので、自信を持って乗りました。もともとスタートのいい馬ですけど、それにしてもきょうは速すぎるくらいでした。(道中は)いい位置に行けたので、何も小細工せず、いいペースでいこうかなと思いました。時計(1分32秒3)もすごいですけど、それを感じさせないのがすごいですね」

最終更新:5/7(日) 17:56

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ