ここから本文です

【鞍馬S】キングハートが首差で競り勝ち オープン初勝利

スポーツ報知 5/7(日) 16:19配信

 7日の京都11Rの鞍馬S(4歳上オープン、芝1200メートル=18頭立て)は、3番人気のキングハート(牡4歳、美浦・星野忍厩舎)が中団から伸びて勝利。オープン初勝利を挙げた。勝ち時計は1分7秒3。

 中団馬群の外を折り合いよく運んで、抜群の手応えで直線を迎えた。外から1ハロン標識前で先頭に立つと、追いすがるオーヴィレールとの競り合いを首差制した。初騎乗で仕事を果たした小崎綾也騎手は「力があるのは分かっていました。今日は自信を持って乗りました。操作性がものすごく高い馬で、好位で折り合えるのが一番の強みです。速い時計でも大丈夫で、本当にセンスが高い。欠点がないし、今、グッと成長してきている時ですから今後が楽しみです」と絶賛していた。

 星野調教師は「強くなりましたね。ビックリしました。前走は馬込みの苦しいところに入ってダメかと思ったけど、そこから割って2着にきたので力をつけたとは思っていました。でも、今日こんなにあっさり勝つとは。4コーナーも楽でしたからね。成長してます。体重も6キロ増えていましたから。本当に力をつけています」と笑みが絶えなかった。

 2着には5番人気のオーヴィレール(川島信二騎手)が入り、1番人気のセカンドテーブル(水口優也騎手)は11着だった。

最終更新:5/7(日) 22:51

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ