ここから本文です

亀田興毅氏 充実の表情「ボクシングを背負って、それだけのために戦った」

5/7(日) 22:51配信

デイリースポーツ

 ボクシングの元世界3階級王者・亀田興毅氏(30)が7日、インターネットテレビ放送局AbemaTVが開局1周年記念番組として生中継する「亀田興毅に勝ったら1000万」に登場。都内の会場で、一般公募で選ばれた腕自慢4人とボクシングルールで対戦し、挑戦を退けた。

【写真】亀田興毅氏、弟のしくじり先生に感動

 挑戦者に選ばれたのは以下の4人。

 【1】けんか無敗の最強ホスト・神風永遠(年齢不詳)

 【2】今話題のYouTuber 恐れを知らない破天荒男・ジョー(26)

 【3】日本一を獲った高校教師・松本諒太(25)

 【4】北関東最強の暴走族総長・ユウタ(32)

 公式サイトのサーバーがダウンするほど視聴者を集めた企画で、1000万円を守り抜いた興毅氏。「今回、自分自身もすごいチャレンジだった。倒して当たり前、ちょっとでも苦戦したらボクシングがバカにされる。みんなが驚くことをしてボクシングが注目してもらえればと思った。ボクシングを背負って、それだけのために戦った」と、リングに上がった理由を説明した。

 ラストファイトとなった2015年10月、米国シカゴでの河野公平(ワタナベ)とのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチから約1年半。現役生活の終盤は、ライセンス停止処分を受けていたため国内での試合がかなわなかった。「最後、日本で1回したかったけど、できなかった。こういう機会ですけど、すごくうれしかったし、楽しかった」と、充実の表情で関係者に感謝した。

 興毅氏は今年1月、日本ボクシングコミッションからトレーナーライセンスを交付され、国内復帰がかなった。現在は、弟で元WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(協栄)のトレーナーを担当している。