ここから本文です

【京都】FW闘莉王また決めた5戦6発

スポーツ報知 5/7(日) 18:10配信

◆明治安田生命J2リ―グ 第12節 京都1―0讃岐(7日・西京極総合運動公園陸上競技場)

 5戦連続でFW起用された元日本代表DFの田中マルクス闘莉王(36)が、讃岐戦で決勝ゴールを決めた。ハットトリックを記録した4月15日の愛媛戦から、最近5試合6ゴールの量産。今季7得点となり、8得点で得点ランク1位の横浜C・FWイバに1差と肉薄した。

 前半36分、京都のFKからゴール前の混戦となり、FWケヴィン・オリスが右足でシュート。バーに跳ね返されたが、闘莉王がすかさず頭で押し込んだ。後半32分にケヴィン・オリスの退場で10人となった京都だが、この1点を守り抜いて最近5試合は3勝2分け。トータルでは4勝5敗3分けと負けが先行しているが、闘莉王が得点を決めた試合は4勝1分けで負け知らずだ。

最終更新:5/7(日) 20:06

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報