ここから本文です

【阪神】金本監督、今季初5連勝で首位キープ「トリも初めて大仕事してくれました」

スポーツ報知 5/7(日) 18:27配信

◆阪神6―0広島(7日・甲子園)

 阪神が今季初の5連勝と同一カード3連勝を飾り、首位をキープした。4回に鳥谷が先制の2点適時打を放つなど、5打点の活躍。先発・能見は6回途中を無失点に抑え、今季初勝利をマークした。9点差を逆転した前日(6日)の勢いをそのままに、猛虎がカープを圧倒。金本監督も快勝に手応えを感じていた。

【写真】春香クリスティーンは始球式で「漏らしちゃうんじゃないかと…」

 ―また連勝が伸びた。

 「そうですね。昨日ああいう勝ち方して、今日は本当に気を引き締めてやっていこうという気持ちが強かったんですけど、本当に締まった試合を選手がやってくれてよかったです」

 ―能見が今季初勝利。

 「やっと、と言いますかね。本当にずっと5、6回ナイスピッチングしてくれて勝ちがつかなかった。今日はそこが大きいかなと思います」

 ―立ち上がりのピンチを無失点で切り抜けた。

 「梅野も本当によく粘りと言いますか、配球を変えたり工夫したりして、よくしのいでくれました」

 ―6回のピンチは桑原にスイッチ。

 「ちょっと(能見の)制球が乱れ始めたのかなと感じていました。香田コーチがもう代えましょうと。もう限界かなと。うまくはまりましたね」

 ―鳥谷が5打点の活躍。

 「トリも数字は残っていたんですけど、なかなか勝負どころで決めるという試合がなかった。今日初めて大仕事してくれました」

 ―広島を相手に同一カード3連勝。

 「そこはまあ意識はなかったんですけど、前回の甲子園の3つ目ですかね。あれ取れたのが大きかったのかなと思います」

 ―この3連戦を総括して下さい。

 「2試合逆転勝ちで今日は完封勝ち。本当に奇跡的な勝ち方もあったりしましたけど、諦めないということと、ピッチャーがしっかり抑えて打つべき人が打つとこういう試合になる」

 ―打線もつなぐ意識が出ていた。

 「四球をうまく生かして、ヒットでつないで、チャンスで中谷が三振した後もベテランの鳥谷がカバーする。理想といえば理想でした」

 ―週明けから巨人戦です。

 「菅野が投げてきますが、秋山だと思うんですけど、投げ勝って欲しいですね」

最終更新:5/7(日) 19:42

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 6:30