ここから本文です

【広島】2年ぶりの同一カード3連敗 高ヘッド「引きずったのか」

スポーツ報知 5/8(月) 7:03配信

◆阪神6―0広島(7日・甲子園)

 前日の9点差の大逆転負けを引きずるような完敗だった。今季4度目の完封負け。15年8月18~20日の中日戦(ナゴヤD)以来で、優勝した昨季は一度もなかった、同一カード3連敗を喫した。高ヘッドコーチは「5、6日の敗戦を引きずったのか」と振り返った。

 能見対策も効果が出なかった。新井を4試合ぶりに、堂林、ペーニャを初めてスタメンで起用した。しかし、初回1死満塁で新井、ペーニャが連続三振。堂林も4打数無安打3三振に終わり「受け身になってしまった」と悔しさをにじませた。

 菊池が5日からコンディション不良で欠場。この日は試合前の打撃練習を再開したが、試合には出場しなかった。攻守のキーマンを欠いたことも響いて、昨季18勝7敗のお得意様に痛い3タテ。緒方監督は「うちの目指す野球をしっかりやっていくだけ」と懸命に前を向いた。(酒谷 裕)

最終更新:5/18(木) 10:16

スポーツ報知