ここから本文です

なでしこL昇格へ!ノルディーア唯一のプロ・星山が連敗止める2発1アシスト

スポーツ報知 5/8(月) 8:07配信

◆なでしこチャレンジリーグEAST第4節 ノルディーア北海道3-0つくばFCレディース(7日、札幌厚別公園競技場)

 ノルディーア北海道は、つくばFCレディースに3―0で快勝した。チームでただ1人のプロ選手、FW星山彩香(22)=武蔵丘短大、道大谷室蘭高出=が2得点1アシストと全得点に絡む活躍を見せ、チームの連敗を「2」で止めた。開幕4戦目にしてようやく決めた今季初ゴール。目覚めたエースが、悲願の「なでしこリーグ昇格」へ、チームをリードする。

 エースが輝きを取り戻した。前半8分、DF渡辺からの左クロスにFW星山が反応。中央から飛び出し、冷静に左足で流し込んだ。後半7分には中央で奪ったボールを自ら右足で決めると、同22分にはMF深沢のゴールをアシスト。今季初得点から全得点に絡む活躍に、表情がゆるんだ。

 「ちょっとホッとしています。今まで緊張もあって、空回りしていた部分もあった」。入団3年目は、開幕から前節まで無得点が続いた。星山はチーム唯一のプロ契約選手。周りは仕事をしながらサッカーを続けているだけに、結果を残せない自分自身に焦りが出て、悪循環にも陥っていた。

 そんな悩める22歳を救ったのが、仲間からの一言だった。前夜にはメンバー外のDF波佐谷、MF依田から『自分らしくやればいいよ』とメールが届いた。ありきたりの言葉でも、今の星山には心から響いた。「いつもなら3点目を狙いにいっていた」と話す深沢へのアシストが「成長」を物語っていた。結果を残すより、チームのために何ができるか。「気負わず自分らしく頑張りたい。そうすれば結果はついてくるはず」

 短大卒業時には、なでしこ1部のチームから誘いを受けたが「生まれ育った北海道でサッカーがしたかった」と、“地元愛”を貫いてノルディーアの加入を決断した。北海道から、なでしこへ―。眠りから覚めたエースが昇格へ導く。(清藤 駿太)

最終更新:5/8(月) 8:48

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合