ここから本文です

【ロッテ】またデスパイネに!今季3発8点献上…伊東監督「何回も打たれて…」

スポーツ報知 5/8(月) 7:33配信

◆ロッテ2―8ソフトバンク(7日・ZOZOマリン)

 豪快な打球を、伊東監督はベンチからあきれるように見つめた。2回無死一塁。唐川がデスパイネに右中間最深部へ先制2ランを許した。天敵の一発で流れを失い、一方的な展開で敗れた。

 「同じ打者に何回も打たれて…。同じミスを繰り返している」。指揮官は試合後に、苦虫をかみ潰したような表情で振り返った。

 またしても元同僚にやられた。今季ここまで、デスパイネには球団別では最多タイとなる3発、最多の8打点を献上している。その内訳もV弾2発に9回の同点アーチという殊勲打ばかり。しかも3発とも、直前で内川を歩かせて、投手がストライクを欲しがったところを捉えられている。「去年までウチにいて、(弱点も)よく分かってるんだけど…」と伊東監督も頭を抱えた。

 試合後にはバッテリー陣と投手、バッテリー、戦略の各コーチが集まって45分間、緊急ミーティングを行った。各打者への配球を徹底して再確認した。英二投手コーチは「去年から続いていることだけど、やろうとしたことをやって打たれるのは仕方ないとしても、やらずに打たれるのは問題外」と説明した。

 デスパイネにも対戦打率は2割6分7厘と打ち込まれてるとはいえない。強烈な印象を残されているが、それを上回る強い気持ちで立ち向かうしかない。(西村 茂展)

最終更新:5/8(月) 16:38

スポーツ報知